神奈川県鎌倉市のウッドデッキリフォームの現場です。

既存デッキ 既存デッキ腐食部分

経年劣化によるウッドデッキの損傷が出てきたため、損傷が少ないうちに架け替えたいとの依頼でした。パッと見は破損個所があるようには見えませんでしたが、端の部分や見上げると大引き部分などに腐食が見られます。

大引き腐食

解体後、柱のベースになる金物を設置、これにより雨水などによる柱の浸食を軽減しています、柱は水に強いイペ材を使用、色褪せはしますがオイルなどで適切にメンテナンスすると非常に長持ちする木材です。

デッキ柱ベースうち ベースと柱

屋上への階段は2階のデッキ完成後に取替えますので一旦はそのままにしてあります。ベースが固まったらレベルを合わせながらデッキの床を施工、既存と新設のデッキの幅が違うので塗装でタッチアップを行っています。

デッキ床根太組デッキ床調整 デッキ床根太組 デッキ隙間空け

デッキの隙間を合わせるために治具を作って幅を合わせます。

ウッドデッキ完成 ウッドデッキ完成 ウッドデッキ完成 ウッドデッキ完成 ウッドデッキ完成 ウッドデッキ完成

2階への階段を挿げ替えて完成です。